• ホーム
  • EDを劇的に改善するカマグラの副作用にはどのような症状が出るのか

EDを劇的に改善するカマグラの副作用にはどのような症状が出るのか

2019年12月29日
笑顔の夫婦

カマグラを服用すると、シルデナフィルの影響で血の巡りが良くなり、副作用が現れることがあります。主な症状としては、ほてりや目の充血、同期が挙げられますが、血管に神経が圧迫されると、頭痛やめまいを引き起こすこともあります。副作用は一過性のものなので、性行為を行えば治る場合がほとんどですが、症状が現れてから2、3時間経過しても治らなければ医師の診断を受けましょう。
頭痛や鼻づまりといった副作用が辛い時には、薬を服用しても構いません。体がカマグラに慣れれば副作用は起こりにくくなるので、副作用が現れるうちは薬を飲んでやり過ごしてください。

カマグラでの死亡事故は報告されていませんが、ごく稀に心筋梗塞や呼吸障害、不整脈といった重篤な副作用が現れることがあります。放っておくと悪化してしまうので、症状が重篤である場合は、時間の経過を待たずにすぐに医師に相談しましょう。

また、カマグラは勃起を促す薬ですが、勃起時間が長ければいいというものではありません。性行為を終えて5、6時間経過しても一向に治まる気配がない場合には、持続勃起症を発症している可能性があります。正常な反応ではないので、性機能が不全に陥る前に病院で治療を受けてください。

カマグラをアルコールと一緒に摂取すると、相乗効果で血流が早くなりすぎて、副作用が発生するリスクを高めてしまいます。最悪の場合、急性アルコール中毒を引き起こすことがあるので、アルコールもカマグラも過剰摂取には注意してください。また、多量のアルコールを摂取すると、男性器の機能性が落ちて性交渉が難しくなります。カマグラを摂取しても十分に効果を得られなくなってしまうので、性交渉の前にはアルコールの摂取は控えることをおすすめします。

アルコールの他にも、カマグラには、飲み合わせの悪い併用禁止薬が存在します。狭心症や心臓病を患っている人が服用している硝酸薬やニトログリセリン系の治療薬は、血管に悪い影響を与える可能性があるので、カマグラと一緒に服用しないようにしてください。また、不整脈症を患っている人が服用しているアミオダロン塩酸塩が成分の医療薬も、心臓に悪影響を与える可能性があります。最悪の場合、命に危険が及ぶことになるので、十分に注意しましょう。

持病の薬や毎日服用しているサプリメントが、カマグラと相性が悪いということも考えられます。自己判断で勝手に服用せずに、同時に摂取したい薬やサプリメントがあれば、専門の医師に相談してください。