薬を飲む男性

EDのような個人的な問題は人に相談しにくく、一人で悶々と思い悩んでいるという人も少なくないでしょう。ED治療というとハードルが高いと感じるものですが、投薬治療であれば誰でも気軽に挑戦できます。一昔前まで、ED治療薬は高価なものでしたが、近年はジェネリックが充実しているため、治療費を安価に抑えることも可能です。

ED治療を考えているという人は、まずは治療薬について調べてみましょう。EDの治療薬は価格帯が幅広く種類が豊富なので、自分に合った治療薬を探してください。

人気のバイアグラジェネリック!カマグラが人気の理由

インドの大手製薬メーカーが開発したカマグラは、ED治療薬であるバイアグラのジェネリック医薬品です。基本的な有効成分や効果はバイアグラと変わりませんが、価格が安く種類が豊富であるため、多くのED患者から支持されている人気の治療薬です。

カマグラには、バイアグラ同様にシルデナフィルが使用されています。そもそも男性機能は血行が良い状態で向上するものなので、血行が悪いと勃起は起こりません。シルデナフィルは、勃起において最も重要な血管を拡張して血流の確保を行う働きがあるため、EDの治療に大きな効果を発揮してくれます。

シルデナフィルには、血管拡張や血流改善だけでなく、体内分泌酵素一種であるホスホジエステラーゼ5の働きを阻害するといった作用もあります。ホスホジエステラーゼ5とは、勃起を収める働きを持つ成分で、この成分の放出を阻害することで勃起状態を長引かせることができます。

このように、ED治療薬として非常に優れているカマグラですが、バイアグラと同様の効果を持ちながらも、価格は大きく異なります。バイアグラは100mgあたり2,500円前後なのに対し、カマグラは500円前後で購入できます。そのため、費用が気になってED治療に手が出せないという人でも、気軽に挑戦できるでしょう。カマグラは、インターネットの通販サイトで販売されているため、購入に手間がかからないというのも嬉しいポイントだといえます。

他にも、自分の飲みやすい方法を選べるというメリットがあります。粒の錠剤を飲み込むのが苦手だという人は、水に溶かして飲むタイプの発泡錠を選びましょう。水さえあればどこでも簡単に服用できるので、外出先へ携帯したい場合にもおすすめです。発泡錠は粒の錠剤よりも消化吸収しやすいため、即効性を求めるシーンにも使うことができるため、おすすめの錠剤です。

錠剤が苦手だという人には、ゼリータイプも人気です。少し苦味は感じるものの、錠剤と同様の効果が期待できます。ゼリータイプは一本使用してしまうと効果が強すぎるので、半分ずつ使用してください。外出先で使用する際には、保管ケースを用意しておくと重宝します。

発泡錠やゼリータイプの独特の苦味が苦手だという人は、タブレットタイプを試してみましょう。錠剤を噛み砕くと苦味が広がるだけですが、ストロベリー味やパイナップル味といった複数のフレーバーが存在します。ラムネやキャンディーのようにおいしく服用できるので、薬剤の独特の風味が苦手だという人でも安心です。また、タブレットタイプは水なしで噛み砕いて服用できるので、どこでも場所を選ばずに好きなタイミングで服用することができます。

このように、カマグラには様々な形で服用できるので、無理なく口にできるタイプを選びましょう。カマグラは海外で製造されているED治療薬なので、日本人が服用すると強すぎると感じることがあります。ゼリータイプに限らず、錠剤や発泡錠、タブレットタイプでも服用して強すぎると感じた場合には、自分自身で量を減らしてください。

通常の内容量は50mgなので、日本人がそのまま服用しても問題ありませんが、中にはカマグラ100と表記されているものがあります。内容量が100mgという意味なので、ピルカッターやハサミでカットして、量を減らしてから服用しましょう。もちろん、薬の効き方には個人差があるので、50mgでも強いと感じた場合には25mgに減らすなど、細かい調整が必要です。

ジェネリック医薬品には、抵抗があるという人も少なくありませんが、カマグラは世界30カ国以上で使用されている人気の高いED治療薬です。最近は日本でも広く使用されていて、その人気は年々高まっています。日本人にも安全に使用できる信頼の厚い薬であることは証明されているので、ED治療に興味があるという人はぜひ試してみてください。