• ホーム
  • どこが違うの?カマグラとカマグラゴールドの効果の違いを徹底検証

どこが違うの?カマグラとカマグラゴールドの効果の違いを徹底検証

2020年01月04日
心配している男性

カマグラには、発泡錠やゼリータイプ、タブレットタイプなど様々な種類が存在しますが、カマグラゴールドという製品も存在します。カマグラと同じインドの製薬メーカーで製造販売されているバイアグラのジェネリック医療薬で、海外輸出向けのものをカマグラゴールド、国内消費向けのものをカマグラと呼び分けているようです。その理由は明らかになっておらず、両者の効果や効能に違いはありません。

日本国内で販売されているものは、本来であればゴールドという名称になるはずですが、個人輸入業者のサイトを覗くとカマグラで販売されていることがあります。サイトによってはカマグラとゴールドが混同されていますが、効果効能に違いはないので、好きなものを選んで服用してください。

あえて両者の違いを挙げるとすれば、容量が異なります。インド国内消費向けのゴールドは内容量が100mgで、日本に入って生ている海外輸出向けの無印タイプは、内容量が50mgです。小柄な日本人の適正摂取量は50mgだといわれているので、どちらか迷った時には無印タイプを購入するといいでしょう。少し手間がかかっても構わないからコストパフォーマンスを重視したいという人には、ゴールドがおすすめです。内容量は無印タイプの二倍入っているのにもかかわらず、価格は大差ないので、カマグラを安く入手したい場合にはゴールドを購入して、半分に割って服用しましょう。無印タイプとゴールドの価格は通販サイトによって異なりますが、無印タイプであれば一粒500円前後、ゴールドなら600円前後で購入できます。両者の差は100円程度なので、ゴールドを購入すればお得にカマグラを使用することができます。

ゴールドと同じように、似たような名称でスーパーカマグラという製品も販売されています。こちらは、ED治療薬として用途が異なるので、注意して服用してください。スーパーには、バイアグラの成分であるシルデナフィルに加えて、早漏防止に効果のあるダポキセチンという成分が配合されています。男性機能不全だけでなく早漏にも悩んでいるという人は、スーパーを服用するといいでしょう。
反対に、早漏でないのに無印タイプよりも高額なスーパーを購入すると、金銭的に損をしてしまいます。体に合っていない薬を服用すると、最悪の場合、予期せぬ副作用が起こる可能性もあるので、自分自身に合ったタイプかよく確認してから購入してください。